ナイアシンの効果について(ビタミンC誘導体が合わない人でも使いやすい?)

今回はナイアシンの効果とビタミンC誘導体との違いについて紹介しますね。

前回はビタミンC誘導体について紹介して、

かなり万能な美容成分だというお話をしたのですが、

実は、このナイアシンもかなり万能な成分なのです。

 

元々は、エイジングケアの分野で人気のある美容成分で、

ビタミンC誘導体の様にコラーゲンの合成作用があります。

ただし、ビタミンC誘導体の場合は、肌に合わないという方もいるので、

そういう方はナイアシンを使用するというケースが多い印象があります。

 

ですから、お肌のハリや弾力をUPさせる目的が一番多い気がしますね。

ただ、これもナイアシンもビタミンC誘導体と同じように、

ニキビ対策の効果や、保湿効果などもあるので、

いわば万能な成分と言ってもいいと思います。

 

ビタミンC誘導体を使用してみたけれども、

なかなか肌に合わないなという場合であれば、

このナイアシンを使用してみるのがいいと思います。

もう少し肌に優しいと言われる成分なので。

※ただし、肌に何が合うかは人によって異なります。

逆に、ビタミン誘導体は大丈夫だけど、ナイアシンが合わないという方もいるかも。

 

まずは実際にパッチテストなどをしながら使用してみて、

自分の肌に合うのかどうかを確かめてみるのが良いかもしれませんね。

肌に合う様であれば、この万能の成分をエイジングエアやスキンケアに取り入れていきたい所です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ